クレンジングで角栓は落ちません!!正しい知識で綺麗な毛穴へ

 

多くの女性が悩んでいるであろう毛穴の汚れや黒ずみ、そう「角栓」。
その角栓を落とすために、一生懸命クレンジングを使ってゴシゴシしたりしていませんか?

 

気を使っているのに毛穴のポツポツが取れないでいる。そんな風に感じている方は、今日でそのお悩みから解放されますよ。

 

最初に言いますが、残念ながらクレンジング剤では「皮脂汚れ」は落ちますが、「角栓」は落ちません。
今回はその理由を解明していきましょう。

 

角栓は皮脂ではありません!!

 

よく毛穴トラブルの話になると、「角栓」や「皮脂」という言葉が出てきますよね?
ずっとスッキリしない毛穴のポツポツの謎を解明するためには、まずこの2つの違いを理解する必要があります。

 

「角栓」と「皮脂」は違うもの。
その性質が分かれば、角栓がクレンジング剤で落ちない理由がはっきりしますよ。

 

角栓って何?皮脂との違いは?

 

皮脂

「皮脂」は毛穴の根元近くにある皮脂腺から分泌される油成分。

 

皮脂は皮膚上に薄い膜のように存在し、雑菌や紫外線などの外的刺激から守ってくれるバリア機能を果たしてくれています。

 

しかし過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、そして毛穴を広げ、ニキビや肌荒れの原因を作ってしまいます。

 

角栓

「角栓」は、古くなった角質や皮脂が混ざり合って毛穴の中で詰まったものを言います。
そのまま角栓を放っておくと酸化し、黒いポツポツ「黒ずみ」へと発達してしまいます。

 

多くの人がこの角栓の主成分を皮脂だと勘違いしていますが、実は角栓の約70%はタンパク質で出来ています。
油成分である皮脂はたったの30%ほどしか含まれていません。

 

多くの人はクレンジングで角栓が取れると思い込んでいる!

 

クレンジングでは角栓は落ちません!

 

先ほどもお伝えしたように、角栓の主成分はタンパク質です。

 

クレンジングで落とせるのは皮脂やメイク汚れなどの油分で、ほとんどタンパク質である角栓には十分効果を発揮しません。

 

蒸しタオルなどで角栓を溶かしだそうとする方法もありますが、これも同じことが言えます。

 

落ちない角栓が気になって肌を強く擦ってみたり、間違った洗顔方法を続けると、肌に刺激を与え角栓が悪化するという悪循環を引き起こしかねません。

 

角栓が出来る原因については、あとで詳しくご説明しましょう。

 

角栓を落とすにはどうすればいいの?

さて、ではどうやってその角栓を落とせばいいのか?ということですね。

 

角栓のようなタンパク質汚れを落とすには、油分汚れを落とすクレンジング剤や洗顔料ではなく、「ピーリング石鹸」や「酵素洗顔料」といったものを使うといいでしょう。

 

これらはタンパク質などの汚れを優しく取り除く効果があり、肌に負担をかけず古い角質や毛穴に溜まった角質を綺麗に除去してくれます。

 

ピーリング石鹸は通常の石鹸と比べてお値段は高めですが、1週間に1回と使用頻度は少ないので、長期的に使えるという面で考えると高価すぎる商品ではありません。

 

また酵素洗顔料に関しても、1,500円くらいと手頃に購入可能なので、お財布に大きな負担がかかるようなことはありません。
こちらも2、3日に1回という使用頻度になっています。

 

角質除去の洗顔料は、今お伝えしたように毎日使うものではありません。
過剰な使い過ぎは、必要な角質や皮脂まで分解し除去してしまいます。

 

ですので、今までの洗顔方法をガラッと変えるというよりは、「今までのスキンケアに1つ加える」といった感覚で始めることが出来ます。

 

角栓予防が大事

 

ピーリング石鹸や酵素洗顔料で角栓は落とせますが、1番肌に良いのは角栓を作らないということです。

 

洗顔料を使うということは、どんなに低刺激と言われているものでも必ず肌に負担をかけていることになりますからね。

 

角栓予防をするために、まずはなぜ角栓が出来てしまうのかを知っておきましょう。

 

角栓が出来る原因

角栓が出来る原因には、大きく分けて4つあると言われています。

 

正常なターンオーバーが行われていない

角栓が出来る原因にはお肌のターンオーバーが深く関係しています。
通常、正常なターンオーバーが行われていれば自然と古い角質は落ちていきますが、不健康状態の肌だとそうはいきません。

 

落ちない角質は毛穴に詰まっていき、結果これが角栓となります。

 

残ったメイク汚れ

また洗顔によって落とし切れていないメイク汚れも角栓を作る原因となっています。
古い角質と同じで、皮膚に残った汚れは皮脂と混ざり合って毛穴に詰まっていきます。

 

過剰な皮脂分泌

洗顔のしすぎなどで必要な皮脂まで洗い流してしまうと、逆に皮膚は乾燥状態になり、皮脂の分泌が過剰になることがあります。
必要以上の皮脂は毛穴の詰まりを助長させ、角栓を作る原因に繋がってしまいます。

 

加齢による肌力の低下

残念なことに、加齢によって肌のハリや弾力は低下していきます。
そうなると皮膚全体が緩み始め、毛穴の開きにも影響を及ぼしてきます。

 

「年々、毛穴の黒ずみが気になってきた」という方は、こういった原因により毛穴が開き、古い角質などの汚れが以前よりも溜まりやすくなっているのです。

 

角栓を放っておくとどうなる?

毛穴に溜まった汚れが角栓となり、それを除去出来ないまま長期間そのままにしてしまうと、いちご鼻の原因「黒ずみ」が生まれてしまいます。
角栓は酸化することで黒く変色していくのです。

 

またニキビの原因であるアクネ菌はこの角栓が大好物。
角栓が残ったままだと、もちろんアクネ菌も増殖し、ニキビが出来やすくなる恐れがあります。

 

角栓が硬くなっていくと、洗顔で除去することも難しくなります。
早めに対処することが綺麗な毛穴・美肌作りには重要なポイントになってきます。

 

角栓を作らないために必要なケアは?

 

ここでは角栓を作らないための方法をご紹介していきますね。

 

健康的な生活を心ががける

角栓を作らないためには、健康的な生活を送るよう心がけることが大切です。
睡眠時間は十分に確保、食生活はバランスの取れたものを体に取り入れるようにして下さいね。

 

特に食生活で注意したい点は、糖分や糖質ばかりを摂取してしまわないことです。
皮脂分泌量が増加してしまうので気をつけましょう。

 

体が健康であれば、肌のターンオーバーも正常に働くはずです。

 

必要以上に洗顔しない

また洗顔も、綺麗になりたいからと必要以上に擦ったり、1日に何度も洗ってみたりということはやめましょう。

 

何でもやり過ぎは逆効果を生む原因となってしまいます。
角質と皮脂は、肌を守るために必要なものでもありますからね。

 

減少していく成分は意識的に補う

加齢によって緩み始める肌は、ハリや弾力に効果のある成分が入った美容液や化粧水を使うといいでしょう。

 

どうしても年齢によって減少していく成分があるのはしょうがないことです。
減っていくものは意識的に補い、毛穴の開きを最小限にすることが角栓予防に繋がっていきます。

 

また年齢を重ねていくと肌の潤いもなくなっていきます。
乾燥肌は毛穴を広げる原因でもあるので、洗顔後は出来るだけ早く、たっぷりな化粧水などで保湿ケアをするようにしましょう。

 

肌の乾燥は洗顔後すぐに始まりますからね。

 

正しい知識で綺麗な毛穴を取り戻そう!

 

今まで角栓に悩んでいた方は、クレンジング剤が悪かったのではなく、角栓に効果のある洗顔料を使っていなかっただけです。

 

これからは、タンパク質除去に効果のあるピーリング石鹸や酵素洗顔料を是非試してみて下さい。長年の悩みも含め、古く硬くなった角栓がスッキリと落ちるはずですよ。

 

でも洗顔のやり過ぎには注意して下さいね。肌には適度の角質や皮脂が必要だということをお忘れなく。

関連ページ

間違いクレンジングで肌荒れ多発!クレンジングの種類と特徴を徹底解析!
クレンジング剤は種類によって特徴があります。間違ったクレンジング選びは肌荒れの原因です。自分にあったクレンジング剤の選び方で迷っている方のお役に立てたら嬉しいです!
ホットクレンジングに期待できる効果は?使用するメリット・デメリット
クレンジングしながらホットタオルをした時のような感覚が味わえると人気のホットクレンジング!期待出来る効果とメリット・デメリットについて現役エステティシャンが解説します。

このページの先頭へ戻る