カテゴリー
子育て

私のせいです。ごめんなさい。

娘は、もう、36歳になりましたが、小学校四年生の時のことです。朝、学校へ行く前のことでした。母親である私が、ゴミを出す前に庭の掃除をしていました。下の子供が、「お母さん、お湯が、沸いているから、お姉ちゃんにお茶漬けのお湯を入れてもらって良い?」と言いにきたのです。「気をつけて、入れてもらいなさい。」と言って、数分も経たないとか、息子が、「お母さん、大変!お姉ちゃんが、火傷をした!早く来て!」

プラステンアップ効果

私は、どんなにして飛んで行ったかおぼえていませんが、我に帰った時、風呂場のシャワーで娘の足に水をかけていました。娘は、「熱い!熱い!」と泣きわめきました。私は、考える余裕がなく、思わず、娘の下着を脱がせてしまったのです。娘のズボン、下着とともに、皮膚が、流れました。
救急車のサイレンが、聞こえてきて、娘と私は救急車に乗せられました。

救急隊員の方が、「奥さん、なぜ、服を脱がせたのですか!そのままにしておけばよかったのに」と、言われて、私は、我に返りました。なんてことをしてしまったんだろうと。

応急処置の方法を大学でも、習いましたし、小学校に勤めている時に、何度も、実地訓練をしていたのに‥
病院に着いて、お医者様からも、言われました。なんてことをしたんだと。
娘に、火傷をおわせたこと。そして、ひどいケロイドの跡が、なかったことは、私のパニックになって冷静に考えられなかったせいです。

申し訳ない気持ちでいっぱいです。一生、謝っても、許してもらえない私の罪です。
娘は、教師になりました。人間は、中味だから、火傷のある私は、子供達に、それを教えられると言ってくれます。私を慰めたいのだと思います。が、私は許されないことをしてしまいました。