カテゴリー
口臭

歯間ブラシと糸ようじでは、どちらが口臭に効果があるのか?

歯周病は口臭の原因になり得ますが、現在日本の30代の3人に2人は歯周病と言われています。
そのため歯周病を防ぐために、丁寧な歯磨きが求められます。しかし、毎日朝と夜に歯ブラシに沢山の時間を割きたくないですよね?
そこで、今回はより効率的に歯石(歯周病の原因となる)を取り除く手段をご紹介します。

ブレスマイルウォッシュの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

今回は、歯石を取り除く手段として、歯間ブラシ・糸ようじを比較します。
歯間ブラシと糸ようじでは、届く範囲が異なります。
糸ようじでは、歯と歯が接している歯の上部の歯石を取り除くことができます。
糸ようじには、持ち手のあるタイプと指に巻き付けて使う糸巻きタイプがあります。どちらも効果は同じですが、指での扱いが少し難しいため初心者の方には持ち手のあるタイプをお勧めします
歯間ブラシでは、歯と歯の隣り合った歯の根元の歯石を取り除くことができます。

歯周病に影響しやすいのは、歯の根元に溜まった歯石です。歯の根元には、歯周ポケットいう歯石がたまりやすい箇所があります。
そのため、歯周病を予防するという観点では、歯周ポケットに届く歯間ブラシの方が向いていると言えます。

しかし、歯石をとることができる範囲が異なるため、2つとも使用することが一番歯周病予防になります。