カテゴリー
スキンケア

肌のたるみ

肌のたるみに関しては、

なんといっても、

毎日の習慣が、顔にあらわれます。

http://www.laposte-liondor.com/

どういうことかと言うと、

良くない習慣のひとつに、

タバコを吸うこと、喫煙の習慣が、

あげられます。

主観的なことになりますが、肌がたるむ人の、共通する習慣を思い浮かべると、

「タバコを吸う、喫煙習慣がある」

と言うこと。

タバコは、ストレスを取り除く点で、ある程度、プラスの効果が、あるかもしれません。

しかし

【百害あって 一理なし】

タバコは、やめられるなら、やめる。

吸わないなら、この先も吸わないことを

お勧めします。

お肌のたるみだけではなく、体にも、

害がでます。

やめられる人は、この機会に、やめましょう。

税金も高いです。

お肌のたるみが気になり、マッサージや、エステ、美容効果のある化粧品など、

外からの働きかけで、お肌を良く見せることは、いくらでもできます。

それより、生活習慣を見直して、お肌のトラブルを予防するほうが、簡単で、時間もかかりません。

生活習慣を、急に変えるのは、とても難しいです。

何しろ、今まで、毎日やっていることですから。

なので、無理はしないでいいので、少しずつ変えていきましょう。

毎日の意識を変える。

「美しい・美しく」と思う美意識が、

表情まで、変えますよ!

カテゴリー
スキンケア

消えないシミ

中学生の頃、体育会系のクラブに所属していた私の肌は41歳を迎えた今も、紫外線を浴びた肌にシミが絶えません。

高校に入ってから、美白にあこがれ太陽を徹底的に避けた生活をしたにも関わらず、消えることはない、呪いのようなシミ。

シミを消す市販薬や、飲み薬を試しましたが全く効果もなく、コンシーラで隠す生活にも疲れ、今ではコロナ自粛も相まって素面で過ごすことも…

チェルラーブリリオを辛口評価!購入して使用した効果と私の口コミ!

日焼け止めを禁止していた当時の先生に恨みを言ってもしょうがないけど、肌に紫外線は大敵です。

取り返しがつきません。

最近小学校で日傘が禁止になったと聞きましたが、果たして生徒の肌に一生の責任が負えるのでしょうか?

病気も美容も予防が大事だと痛感しますが、やっぱりテキメンなのは寝不足と食べ物で、バランスが崩れると顔がくすんで土壁のようです。

逆に調子がいいと気分も上がるので、自然と頬も色づいている気がします。

卵が先かニワトリが先か、気分が先か肌のコンディションが先か、あの時日焼けをしなければもっとメイクも楽しめたのになぁと、悶々する日々…

「たら」「れば」言ってもしょうがないけれど、日焼けのケアはちゃんとしたほうがいいよ!と中学生の私に言いたいです笑

カテゴリー
スキンケア

肌の悩みとして脱毛の時の負担を

肌の悩みと言うか、肌に生えてくる産毛的なムダ毛をどうにかしたいなーと思っていたことがあったのでそれを処理する方法を検討ししてみました。http://www.telemarkteam.net/

普通に剃るというのもよいですが、剃るというのはとにかく肌に対する負担がかかることになります。負担がかかるというのはそこが角質化したりとかしみになったりするということがありますから、それだけは避けるようにしたいところです

。肌を綺麗にすることと、肌の無駄毛を処理するということは結構相反することがあったりします。一度や二度でどうにかなるわけではないですが、ムダゲ処理で肌にあまりにも負担をかけるということになりますと長期的に見るとよろしくない、ということになものを選ぶようにしています。

どうしても負担がかかってしまうということにはなりますが、可能な限り、回数を減らすということを意識しているわけです。特に肌にカミソリの刃を当てるということが本当に肌にとってよろしくない刺激になってくるということが知られているわけですから、それだけはやらないように、ということにしているわけです。

これによって少しでも肌のトラブルなんかを改善できるのであればそれにこしたことはないでしょう。

カテゴリー
スキンケア

お肌にもっとも必要なケア。ちゃんとできてますか?

加齢とともに気になる体のこと。
特にお肌のことについては、年齢があがるにつれて気になる女性も多いはず。

シミ、くすみ、たるみ、ホウレイ線etc
一生懸命隠そうとしている人も多いのでは!?
そしてそれを隠すためにメイクをしていますよね。

ヴィオテラスHSCセラムを辛口評価!実際に使用した効果と私の口コミ!

さて・・・みなさん、そのメイク。
ちゃんと落とせていますか?

美容液やメイク用品は良いものを使っていても
このクレンジングがおろそかでは
いくら良いものを乗せていっても効果半減なんですよ。

「ちゃんと落とす」

これがすごく大事です。

え?クレンジングはちゃんとしてるって?
いいえ、それだけでは不十分。

まずはそのクレンジング、ちゃんと落ちるクレンジングですか?
拭くだけのシートなどもってのほかですよ!
見た目に落ちていても、ファンデーションは毛穴などにつまってしまうんです。
これがくすみの原因!

クレンジングは、油分のあるクリームタイプのものがおすすめです。
さっとではなく、ゆっくり時間をかけて
油分でファンデーションを浮かせましょう。

お湯で洗ったり、ホットタオルでふき取るのも良いですね。
毛穴が開いてつまりがとれやすくなります。

毎日のお手入れはそうやって。
時にはピーリングなどを取り入れて、毛穴につまった汚れをどんどん落としていきましょう♪

また、クレンジング後はしっかりと保湿をするのをお忘れなく。
化粧水はたっぷり使ってください。
高いものを少し、よりも安くてもたっぷり使えるものが良いです。

また、化粧水はぱたぱたつけるのではなく
お肌をいたわるように、ゆっくり優しく、手で押さえるように浸透させてくださいね。

さあ、今日からあなたも基礎の改善から素肌美人を目指しましょう!

カテゴリー
スキンケア

ニキビを治すため、皮膚科へ行く前に実践すべきこと

ニキビを治すためには、まず思いつくのが「皮膚科へ行く」ということだと思います。ビューティーオープナージェルの口コミから解約方法

しかし、皮膚科へ行くまでに実践すべきことがたくさんあります。最初に断っておきますが、あくまで個人の感想です。

私が実践したのは、クレンジングです。メイクを落とすためにクレンジングをするのは当たり前ですが、時間など細かなことが問題になってきます。クレンジングをやるとついゴシゴシこすりがちになってしまいますが、それは肌に負担がかかります。その話を聞いてからメイクを浮かせるように落としています。洗顔はたっぷりの泡で手のひらを使わず汚れを落とすのがポイントです。

さらに朝の洗顔にもポイントがあります。朝は拭き取り洗顔のみに変更しました。夜、メイクを落とすために洗顔などのスキンケアをしっかりしているので、朝は寝ているときに出た皮脂汚れだけを拭き取るようにしています。

そううることで肌への負担が軽くなりました。また、食生活も改善しました。私は結構、肉や脂っこいものが好きなんですが、そのなかに野菜を取り入れてバランスのいい食生活を目指しました。また、ストレスをためない工夫としてアロマテラピーを取り入れて好きな音楽のかかった空間で過ごしたりストレス軽減に勤めました。皮膚科に行く前に、生活に対して少し意識を変えてみるだけでも肌への負担は軽くなります。