カテゴリー
口臭

子供でもお口が臭うことあります。

大人が口臭を気にするのはよくあることですが、実は子供も口の中が臭うことがあるんです。どういう時に臭うのでしょうか?キラハクレンズ

それは、「歯磨きをしないことが習慣になっている」ことと、「口呼吸による口の乾燥によるもの」が大半なんだそうです。我が家の子供たちも臭う時があります。歯磨きはきちんとしているので、おそらくは寝ている時の口呼吸が原因ではないかと思います。まれに病気が原因の時もあるようですが、私は医者ではないので専門的な説明は割愛させていただきます。

では、子供の口臭の予防や対策について書きたいと思います。これは簡単です。

先程の口臭の原因を180°変えればいいんです。歯磨きをする習慣がないなら歯磨きを毎日する、口呼吸をしながら眠っているなら体勢を少し変えてあげる、あとはプラスαで沢山唾液を出すように工夫する。

例えば、ガムを噛んでみたり、和食中心にしてみたりとそういったことで子供の口臭は改善されていくそうです。ただ!ガムは小さいお子さん(幼児)には適さないのでやめておいてくださいね。

食事もなぜ和食なのかというと和食は繊維質の物が多くかむ回数が多くなるので、唾液の分泌に適しているそうです。乾燥はお肌の大敵だとよく言いますが、口の中も乾燥は大敵なんですね。そして、お子さんがまだ低学年であれば1人で磨くこともできるんですが、磨けているようで磨けていないのでお母さんが仕上げ磨きをしてあげるといいですね。

カテゴリー
口臭

歯間ブラシと糸ようじでは、どちらが口臭に効果があるのか?

歯周病は口臭の原因になり得ますが、現在日本の30代の3人に2人は歯周病と言われています。
そのため歯周病を防ぐために、丁寧な歯磨きが求められます。しかし、毎日朝と夜に歯ブラシに沢山の時間を割きたくないですよね?
そこで、今回はより効率的に歯石(歯周病の原因となる)を取り除く手段をご紹介します。

ブレスマイルウォッシュの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

今回は、歯石を取り除く手段として、歯間ブラシ・糸ようじを比較します。
歯間ブラシと糸ようじでは、届く範囲が異なります。
糸ようじでは、歯と歯が接している歯の上部の歯石を取り除くことができます。
糸ようじには、持ち手のあるタイプと指に巻き付けて使う糸巻きタイプがあります。どちらも効果は同じですが、指での扱いが少し難しいため初心者の方には持ち手のあるタイプをお勧めします
歯間ブラシでは、歯と歯の隣り合った歯の根元の歯石を取り除くことができます。

歯周病に影響しやすいのは、歯の根元に溜まった歯石です。歯の根元には、歯周ポケットいう歯石がたまりやすい箇所があります。
そのため、歯周病を予防するという観点では、歯周ポケットに届く歯間ブラシの方が向いていると言えます。

しかし、歯石をとることができる範囲が異なるため、2つとも使用することが一番歯周病予防になります。

カテゴリー
口臭

口の中の臭いといっても

口の中のにおいてきてもそれほど気にしなくてもいいようなタイプの匂いというのもあります。気にしなくてよい、というのはすぐによくできるというようなタイプの口臭です。生理的口臭というのがそれなりにそれに該当することになります。誰にでもある口臭であるといえるでしょう。

これは一体どんなものであるのかといえば起床時の口臭と空腹時の口臭となります。評判以上!ブレスマイルウォッシュを購入して使った効果と口コミをレポートします!

つまりは、誰にでも起こりうる口の中の臭いということになります。空腹時の口臭というのは当然ながら食事前に発生しやすいもので膵臓が分泌する役が独特のニオイを発するのでそういう匂いが上に上がってくるという形になります。

こうした臭いというのは誰にでも起こりうることではありますので慢性的な口の臭さというわけではないので心配することではないです。

歯磨きをするとか或いは空腹時の臭さというのはそれこそ食事をすればそのうち勝手に治るようなことではあります。しかし、とにかく気になるようになると言うのであれば口を軽く濯ぐというようなことをすることだけでも結構改善できたり防いだりすることができるのでそういうことを積極的にやってみるようにしたらよいでしょう。臭さは改善したほうがよいに決まっています。